アトピーが改善してきてから気をつけたこと

筆者は十数年前から飲み薬によってアトピーが改善してきました。
その後も飲み薬を服用し続けていますが、飲み薬以外にも気をつけていることが2点あるので紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

1点目:顔の保湿を保つ

筆者のアトピーが酷かったときは顔全体が赤くなっていました。それが病院を変えることで夏か秋頃に改善し、久しぶりに会った元同僚にも随分良くなったねと言われていました。

それが冬になるとまた顔が赤くなってしまい、薬以外にも何か対策が必要ではと考えました。
夏〜秋は筆者の体質では顔の皮脂がよく出ます。そのおかげで顔の保湿も保つことが出来ていましたが、乾燥する冬や春のスギ花粉が触れると顔が赤くなってしまいました。(筆者は花粉症ではありませんがスギ花粉に反応してしまうようです)

その時に思い出したのが、男性の友人ですが旅行先で顔パックをしていたことです。肌が弱いため顔パックしていると言っていましたが、自分も夜寝る前に顔パックをしてみることにしました。

数年の間、薬の量の調整やワセリンを時々塗るなど追加の対応をしていましたが、現在では冬の間も春のスギ花粉が多い季節も顔が赤くなることはありません。効果があると思い、顔パックを十数年続けています!

選んでいる顔パックは、肌に良いとよく耳にする、ヒアルロン酸、コンドロイチンが含まれるようなものにしています。

2点目:一定量の飲料水を毎日飲む

筆者は会社に通勤すると毎日600mlの麦茶、500mlのコーヒーなど複数の飲み物を飲んでいました。それにより1日に必要な水分をなんとか摂取していたようです。

コロナ禍になり筆者が勤める会社は2020年2月頃からテレワークでの業務となってしまいました。(2022年1月以降もテレワークで業務をしています)

テレワークが始まった直後に肌の調子が若干落ちていることに気づき、理由を考察したところ水分が足りないのでは、という結論に達しました。筆者は気温が高くない冬〜春は意識しないと水分を取らないことが多かったため尚更水分量が足りていませんでした。

そこでペットボトルの破棄が増えて好ましくはないのですが、筆者は以下のように水分を取るようにしました。

  • ランチでファミレスに行く場合はドリンクバーを頼み一定量の水分を摂取する
  • ファミレスに行かない日の場合は前日に650mlの麦茶のペットボトルを購入して翌日飲む

このような習慣にすることで肌の調子を維持することが出来ています!

プロフィール
アラフィフでボルダリング、イラストなど挑戦中!
kakakuraをフォローする
アトピー
スポンサーリンク
       
kakakuraをフォローする
アラフィフガンバ
タイトルとURLをコピーしました