【ボルダリング】今まで履いてきたクライミングシューズの紹介!

クライミングシューズは超重要

今まで4種類のクライミングシューズを履いてきました。クライミングシューズはクライミングを助けてくれる重要な相棒です。今まで履いてきたシューズにどんな特徴があるか紹介したいと思います!

履いてきたクライミングシューズ

筆者は2015年11月からクライミングを始めました!クライミング初心者の頃からクライミングシューズを履いたので、初心者のときにどう感じたか伝えることができます。

【クライミング開始〜2年2ヶ月まで】スポルティバのタランチュラ

クライミングシューズを取り扱っている有名なショップに行って、初心者にはどんなシューズがいいか相談しました!その店員さんがベテランの人だったので信じて購入しました。
まずとても履きやすいです。痛く無いので、慣らさないでもすぐに利用することができます。またベルトが2本あるのでしっかり絞めることができます。ただし足裏感覚はあまりよく無く、小さなホールドは踏み外してしまうことが多かったです。

履きやすさ :4.0
頑丈さ   :4.0
足裏感覚  :1.0
すべり止め :2.0
ゴムの耐久性:5.0

【2年2ヶ月〜3年9ヶ月まで】Five Tenのハイアングル

存在は知っていたけど、難易度の高いシューズだと思っていました。職場の元同僚が履き慣れたハイアングルを貸してくれたので試したところ、タランチュラで登れなかった5級課題がすらすら登れてしまったので購入を決定しました!
新品を履いたところ、上記のインスタの投稿通り、とにかく痛い…足の甲に硬めのゴムがあるので伸びるのに時間がかかるのと、つま先下がりのシューズ(ダウントゥーと言います)なので激痛に耐えながら履き慣らしていきました。
ダウントゥーのシューズは小さいホールドや滑りやすいところでも保持力が高く、今まで登れなかったような課題が登れるようになりましたが、足裏のゴムの消耗が激しくて1年弱で2足目を購入する必要がありました。

履きやすさ :1.0
頑丈さ   :3.0
足裏感覚  :4.0
すべり止め :5.0
ゴムの耐久性:2.0

【3年9ヶ月〜4年10ヶ月まで】adidas Five Tenのハイアングル

※左側がAdidas Five Ten版、右側がFive Ten版

Five TenがAdidasの中に入ることになって、ハイアングルも新しく発売されました。
デザインは似ていますが、つま先、かかとの形状やゴムの貼り方も変わっていました。少しボテッとした感じになっていて履きやすさが増したと思われます。ゴム自体は旧Five Tenと同じものを利用しているので性質は変わっていませんでした。

履きやすさ :2.0
頑丈さ   :3.0
足裏感覚  :4.0
すべり止め :5.0
ゴムの耐久性:2.0

【4年10ヶ月〜現在】PERADRAのS-01

PERADRAと書いてペルアドラと読みます。
とにかく履きやすい!これにつきます。クライミングシューズをずっと履いていても大丈夫なくらい履きやすいです。足裏、足の甲に人気のゴムを貼っているので登りやすいのにこの履きやすさは初心者から履いてもいいと思います!
履きやすさの裏返しかもしれませんが、シューズの側面は華奢で頑丈さは少し落ちます。側面をホールドにぶつけたことは今のところ無いので問題は出ていません。すべり止めの威力がハイアングルよりも若干落ちる代わりにブレーキが効きすぎないので、ボテ(3角錐の形のホールド)などが進みやすくなりました。

履きやすさ :5.0
頑丈さ   :2.0
足裏感覚  :4.0
すべり止め :4.0
ゴムの耐久性:?

色々履いてみましょう

クライミングジムで色々なシューズメーカーが試着試登ができるイベントを開催しています。そういった機会を利用して自分好みのシューズを探してみましょう!
自分はこれからもペルアドラで頑張ります!

ペルアドラの試着試登会スケジュール

タイトルとURLをコピーしました