提出物のチェックをスマホとQRコードで効率化!「QRコードで管理」

甥っ子が小学校の教員をしています。提出物のチェックが大変でiPadとバーコードスキャナを活用して効率化していると聞きました。

同じように仕事効率化をしたい教職員の方や、簡単な備品管理をサポートしたいと思いスマホアプリを開発しました!

iOS版とAndroid版をリリースしています!
iOS版では特定のQRコードを読み取ってチェックするだけでなく、QRコードの画像作成も可能です。このアプリをぜひ仕事効率化にご活用ください!

QRコードで管理

QRコードで管理

Kazuyoshi Akakura無料posted withアプリーチ

3文字で作ったQRコードを読み込んでチェックします

  • 3桁の文字列で構成されたQRコードを利用します。
  • 最初の2桁は01〜99の数字2桁で構成され、提出物や機器の番号として利用します。
  • 最後の1桁はA〜Zのアルファベット大文字1桁で構成され、提出物や機器の種類として利用します。

例えば生徒の提出物管理で利用する場合「03B」のような文字列でQRコードを作成します。「03」番目の生徒が提出する、種類「B」(科目B)の提出物を指します。
QRコード化した場合、以下のような画像になります。

iOS版ではこのQRコードの画像を用意する機能を用意しています。上記のQRコードはこの機能で作成しました。

QRコードの読み取りはスマホのカメラを利用します。読み取り中は赤いバーが上下に動きます。複数のQRコードを連続して読み取ることが可能です。

最大99人(個)x 26種類まで管理できます

デフォルトでは45人(個)x 5種類を管理するように設定されています。
教職員の方が提出物を管理する場合、45人の生徒 x 課題 5種類まで管理できます。
この設定は以下のように変更が可能で、最大99人(個)x 26種類まで管理できます。

また読み取り結果画面はスマホを横向きにすることで沢山の種類をチェックすることができます。iPhoneXでは種類K(11種類)まで快適に確認できました。

読み取り結果の保存とメールで送信することが可能です

「日付選択」で日付を選択すると保存した結果を呼び出すことができます。
さらにメールでその結果を送付することができます。

ぜひご活用ください!

QRコードで管理

QRコードで管理

Kazuyoshi Akakura無料posted withアプリーチ

タイトルとURLをコピーしました